ホームトーカー

気楽にゲームのプレイ日記やら何やらつけていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海と陸の世界

アムロ、いっきまーす。



襲撃
船大破

目を覚ますと・・・



ギコ種
「おい!
 生きてるか、起きろ!」


4-1.png

ギコ種
「なんだ、寝ぼけてるのか
 お前らこそなんで
 こんなところで寝てるんだよ」


漂流されたと言うことは、
主人公達の身体はずぶ濡れのハズ・・・

おのれ!
そんな二人に「寝てる」などと言う言葉を吐き捨てるなんぞ、
ネームレスと知っての狼藉かコラッ!!!

(,,゚Д゚)「シラネ。」
( ´∀`)「それは食べられるモナ?」
(   )(   )「ですよねーwwwww」

※勿論、こんな台詞はありません。



相方
「実は乗っていた船が
 粉みじんになってしまってね」

モナー種
「はぁ、よくわからないけど
 大変だったみたいモナね」

相方
「あなたたちは何故ここに?」

ギコ種
「お上の命令でバケモノ退治さ
 まったくやれやれだぜ」

モナー種
「まあ、ここで愚痴ってても
 しょうがないモナ」


どうやら二人は雇われている兵士のようですね。
ところでこのモナー、滅茶苦茶サバサバしてませんか。

ギコ種
「そうだな」
「よし、お前ら
 しばらくは俺たちについてこい」

モナー種
「この森には変な生命体が
 うろちょろしてて物騒モナ」

相方
「だから4人でまとまって
 行動した方が安全というわけか」

ギコ種
「そうだ
 お前ら、名前は?」

相方
「名前は諸事情により無い」

擬古介
「そうか、理由はあえて訊かない
 俺の名前は擬古介、よろしくな」

茂名吉
「モナは茂名吉っていうモナ
 よろしくモナ」

相方
「こちらこそよろしくお願いするよ」

擬古介
「じゃあ、ぼちぼち行くか」



この二人、
まだビタビタな気がしますノリ ´∀`)


とりあえず、先に進みましょうか。
まだ自由の利くここでは勇者様とお嬢さんを
使い分けながら進んでいきます。

でもまずはレベル上げから始めましょうか。
戦闘が終わりましたよ。この調子で・・・

4-2.png
Σノリ ´∀`)早っ。
もう最高レベルかよ!

まぁ、それならばガンガン進んでいきましょう。


小人さんいますね。
と、立て札が。

「出口は↑こちら」

わかりやすい!

・・・・・確か初期位置には
来た道の他に道が無かったから、
あそこが森の最深部と考えるのが妥当で・・・
と、言うことはこの森は抜け道ではないんですよね。
抜け道ではない上に、一本道。




ノリ ´∀`)この看板、いらなくね?




逆に入ってきた人がビックリしますよ。
きっとこの兵士さん二人も

(,,゚Д゚)「上さんも人遣いが荒いぜー。」
( ´∀`)「これが仕事なんだから仕方が無いモナ。」
(,,゚Д゚)「まぁそうだな・・・」

(,,゚Д゚)「お、立て札があるな。読んでみようぜ。」
( ´∀`)「えーと、『出口は↑こちら』。」
(;゚Д゚)( ;´Д`)「・・・来たばかりなのにッ!!!」

きっとこうなりますよ。
と、言うかなれ。




4-3.png
因みに、後ろから調べるとちゃんとこうなります。
こう言う細かいことに手を込んでいるのは好きですノリ *´∀`)



では小人さんに話して準備を整えましょうか。
突撃!

擬古介
「ん・・・?花畑か?」

茂名吉
「綺麗なお花畑モナ・・・」

擬古介
「なんか、変な形してるよな?この花畑」

茂名吉
「擬古介、余計な考えてると本当に変なことが起こるモナ」


あれ、ここ通ってきたんじゃないんですか。

ゴゴゴゴゴ

擬古介
「・・・俺のせいじゃないからな・・・」

茂名吉
「来るモナ!」



4-4.png

一人かと思ってたら分身しやがりました
こんちくしょうノリ ´∀`)

フフフはカタストロフィ。
正義さんと兵士二人は
トロイメント、チャージ、踏み込み斬りで
本体を狙いましょう。

・・・心魔速っ!
先手を取られてしまいましたよ。
しかしすぐさまカタストロフィで分身一掃。

でも結構先手を取られたので次も同じように
ダメージを食らうでしょう。
正義さんはシンフォニーで準備をしておきます。
フフフは攻撃をフレアドライブに変え、
二人はそのまま。攻撃開始。

こんなときに限って何故此方が先手を!
・・・敵が何か悪意がなんたらかんたら。

4-5.png
めんどくせノリ ´ト/、)
まぁ、この程度ならageを正義さんに使えば問題ないでしょう。
精神は攻撃に比べて威力に影響しにくいらしいので、
まぁ使わなくても大丈夫ですよ。多分。

正義さんは続けてシンフォニー。
フフフはフレアドライブ。
茂名吉は同じで擬古介にageを使わせましょう。

そのままいけそうなので攻撃攻撃攻撃ー。
撃破。



すると・・・



フラッシュ! フラッシュ! フラッシュ!
目痛い目痛い!











4-15.png
何、だと・・・


主人公
「…!?」

相方
「ふむ… どうやら
 森もさっきのバケモノもあの二人も」
「全てはマリスが見せた
 悪い夢だったようだね」


なるほど、道理で不思議な立て札やら花畑やら。
色々と矛盾が生じていたわけです。
鮫に襲われたとき、何かに取り付かれたのかしらん。
それが心魔だったと。 把握!

でも、本当に悪い夢ならあの二人も
味方にならない気が・・・

相方
「まあ、ともかく
 先へ進もう」


とりあえず相方にとっては
取るに足らない存在だったあの二人。

合掌



外に出るとぴかぴか光るものが・・・きっと欠片ですね。
真っ赤なご飯粒を拾いました。








町があるので早速情報収集しましょう。

「ここはブンブク港。いわば大陸との玄関口だよ。」

「セーブはフィールドマップでしか
 できないような気がしたけど
 違うみたいだね!」

「HPは戦いが終わると
 満タンに回復するような気がしたけど
 違うみたいだね」

「気安く話し掛けんな」

「井戸の下に大事なクシを落としてしまったのです。」
「と、言うのはガセ」


4-6.png



「パクりと喧嘩はツクスレの華だって
 ばっちゃが言ってた」




何だここ。


「誰にだって、得意な属性とか苦手な属性がある。
 戦闘の際にはそういうのを良く考えた方がいいぞ。」


この人は珍しくまともなことを言っているけど
今更ですし・・・

「どこかに魔王の呪いによって
 人の動きが封じられた村があるそうだよ。」


ここ以外に行けそうな場所無かったし・・・
本当に遠い場所のような気が。

「あーフカヒレ食いてえなぁ。」
「おい、そこのお前
 フカヒレを持ってきたらいいモノと交換してやるよ」


うっさいハゲノリ ´∀`)


でも道具屋で売っているものが豪華ですね。
これは買っておきましょう。


準備が整ったのでー・・・
おぉ、船があるじゃないですか。
これで次の場所へ行くんですね。



船頭
「ここ最近、でっかい鮫が
 頻繁に船を沈めてるんで、恐ろしくて海に出れないよ。」

相方
「でっかい鮫…?
 僕たちが乗っていた船を沈めたあいつか」
「よし、やられっぱなしというのも癪だしな
 ここは僕たち二人で
 その鮫を退治してやろうじゃないか」


相方が珍しく強気な場面ですね。

船頭
「本当かい!?
 そいつはありがてぇ」
「準備ができたら言ってくれ
 その鮫が頻繁に出る海域まで乗せていこう」



まぁ、準備も既に出来ているので戻る必要もなさそうです。
とりあえずセーブだけして鮫さんをぶちのめしにいきましょう。


船頭
「よし
 それじゃ早速、この船に乗ってくれ!」



ガオー



ジャスティス
「先日は不覚を取ったが
 此度はそのようにはいかぬぞ!
 覚悟!」

モララーム
「フフフ…」




4-7.png
食材が調子に乗ってんじゃねぇぞオラッ!!!


正義さんは通常攻撃。
フフフはフレアドライブでいきましょうか。
フフフに攻撃が入ったけど・・・やっぱり痛いですね。
注意しながら攻撃を続けましょう。

3ターン目は・・・
ゲッ、コイツも悪意がなんたらかんたら使ってくるんですか。

正義さんは毒。フフフが一気に3つの状態異常に。
正義→フフフにage
フフフ→フレアドライブ で攻撃しましょう。

そして
正義→フフフにアンチドーテ
フフフ→フレアドライブ

正義→シンフォニー
フフフ→正義さんにアンチドーテ

これで体勢が立ち直せましたよ。


魔力を蓄えている・・・?
何かくるなコレ。
防御しておきましょう。

スマトラウェーブ!
負けイベントの時に出された大技ですね。
防御有りで70。結構痛い。
シンフォニーで急いで回復しましょう。
フフフもHPが少し危なそうなので防御。


・・・やたらと正義さんの攻撃が外れますね。
フフフがうまい棒で回復しているのですが、
だんだん追いつかなくなってきましたよ。

攻撃する方を変更します。
正義さんは自分を回復。
フフフはビッグバン。 吹っ飛べオラッ

一旦此方は回復の為に攻撃を休めましょう。
次のターンから反撃開始です。
シンフォニー+うまい棒で準備OK。

フフフのフレアドライブでマリスザメ撃沈。
フカヒレを貰いましたよ。



ぼべーん
4-8.png

鮫さん爆死。










船頭
「まさか本当に奴を倒してくれるとは思わなかったよ。」







半信半疑だったんかい!!!
もう、死ににいくつもりでこの船頭さんは
私達を連れていってくれたのでしょう。何という肝っ玉。



船頭
「これでまた船を出せるってもんだ。ありがとよ!」


相方
「もしかしたらあのサメが巨大化し
 船を襲うようになった原因も
 マリスの影響だったのかもしれないな」
「まあ、今となってはどうでもいいことだけどね」


この相方、マリスについて
無頓着過ぎませんかノリ ;´Д`)


あの森のことと言い、鮫といい!
主人公怒ってきますよ。
ヽ(   )ノ「kwsk教えろよハゲ!!!1111」
※勿論、こんな台詞はありません。



では早速次に向かいましょうか。
とりあえずフカヒレの人は放置で。



船頭
「お前たちのおかげで
 また船が出せるようになったぞ!」
「よし、目的地は半日後に到着する港だ!
 はりきっていくぜー!」













この先 永遠?の海




周辺の面子


4-9.png
餓鬼
ステータスで見ると気持ち硬くなったエターナルアヒャ。
体当たりでのよろめきに注意。

4-10.png
気狂者
ステータスが少し高め。
通常攻撃より強い上に全体攻撃の乱毎が痛い。

4-11.png
噛付亀
ステータスは他の敵と大差無いが、
かたくなるを使う為にしぶとい。
魔法が使えるキャラがいると安定したダメージが。

4-12.png
心魔(分身)
戦闘開始直後に登場。
打たれ強くは無いので、強力な全体攻撃を使えば
本体にダメージを与えると同時に一掃出来る。
ただ、結構素早い為に先制攻撃されやすい。

4-13.png
心魔
森の出口付近で登場するボス。
幻の森を作り上げたマリス。
軸となる攻撃は
通常攻撃・かまいたち・電撃。
2ターン目に必ず固定ダメージ・攻撃と精神半減の
受身の地獄と死を放つ。
HPはそこまで高くない上に受身の地獄と死を使うのは一度きりなので、
状態異常を素早く回復出来たらそれほど苦戦しないハズ。

4-14.png
マリスザメ
本シナリオのボス。
軸となる攻撃は
通常攻撃・フカヒレエッジ。
心魔が使った受身の地獄と死より強力なものを
3ターン目に必ず使用してくる。
全ての能力に半減がかかる上に毒。更に闇属性まで追加されている。
また、HPが減ってくると1ターン休んでスマトラウェーブを放つ・・・
と言う行動を必ずするようになる。
威力が馬鹿でかい上に全体攻撃なので、早めに倒すこと。

HPは大体、3000ちょっと。
仲間がいないので少し辛く感じるかも。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/26(金) 03:21:40|
  2. クロオバ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<殴り描き | ホーム | ちょっぴり修正。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaonokao.blog28.fc2.com/tb.php/125-fb23e0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。